夫と離婚して不倫相手と結婚して幸せになれるか?

現在、夫がいる身でありながら不倫をしている場合、自分はこのまま相手との不倫関係を続け、潮時を見て別れた方が良いのか、いつかは夫と離婚し彼と再婚した方が良いのか悩んでいるかと思います。

 

特にお子さんがいる場合には、不倫関係がバレてしまった場合、子供の親権を取られてしまうのでは?育てる場合には養育費はもらえるの?など、頭の中は問題だらけになってしまいますが、不倫相手と結婚して幸せになるれ?なれない?パターンをご紹介します。

 

 

不倫相手と幸せになれるパターン

・相手にしっかりとした生活基盤がある場合

もしも、不倫していたことが夫へバレてしまって離婚、元夫から双方に慰謝料を請求された場合、不倫相手が慰謝料を支払い償いをした後でも、結婚には愛情と同じくらい経済力が必要ですので、慰謝料を支払っていけるだけの経済力や包容力、幸せにするという決意があれば、再婚しても幸せになれるかと思います。

 

 

不倫相手と幸せになれないパターン

色々なパターンがありますが、不倫相手が自分の子供を可愛がってくれなかったり、慰謝料や不倫が原因で会社を辞めることになった、家族から絶縁されたなど、マイナス面が多い場合には結婚しても上手くはいかないでしょう。

 

不倫関係の間は、夫という障害物がありますし、甘い言葉ばかりをかけてくれるので、不倫相手のマイナス要素まではなかなか気づきにくいものです。
相手の経済力が元夫に比べて低かった場合や、結婚してみたら元夫となんら変わらず、家事も子育ても協力してくれなかったなど、根本的な問題が解決できない場合には、再婚しても不幸な結婚生活が待っています。

 

 

不倫が原因で別れても、子供の親権問題には関係ない?

不倫が原因で離婚することになった場合、以前では財産分与でもめることがあっても、親権は母親に譲ることが一般的でしたが、最近では共働き世帯も増えてきたせいか、子供の親権を裁判で争う夫も多くなってきています。

 

妻の不倫が原因で離婚問題にまで発展した場合、妻有責での離婚ですので、夫が望めば夫に親権は渡りそうですが、妻有責の離婚の場合でも、親権問題には関係ありません。

 

子供の親権はあくまでも「子供の権利」であって、母親が不倫したから、一種の被害者である夫が親権を持てるということではなく、どちらが子供を育てるのに適しているかで判断されます。

 

とは言っても、子供そっちのけで不倫相手に夢中になっていた場合や、ネグレクトなどの前歴があり、児童相談所への通報歴がある場合、母親の不倫相手から暴力を受けていた場合には該当しません。

 

なお、養育費は再婚した場合、養育費がもらえなくなるという法律はありませんが、再婚する相手との養子縁組をした場合、相手い扶養義務が発生しますのでその場合には、元夫から養育費の減額請求を求められる場合があります。

 

 

おわりに

 

不倫の末結婚する場合には、周囲の理解はあまり得られることがありませんが、不倫期間中に相手の男性の本性を見定めておき、今まで夫に感じていた不満が解消できるか、愛情と経済力をもきちんと確認しておくことも、幸せになるためには必要です。

 

 

不倫体験談