既婚者、不倫男性の言い訳、本心は?

好きになった人にもう奥さんがいた場合、彼との恋愛は不倫という形でしか続けることができませんが、付き合ってくにあたって「本当に奥さんと別れてくれるのか」「私との恋愛は本気なのか」どうしても気になってしまいます。

 

口では「うちの奥さんとはもう男と女じゃない」「子供のために一緒にいるだけ」など、言っているけれど、彼の本心が知りたいと感じることがあると思いますが、不倫をしている男性の引きとめ方や、その本音についてご紹介します。

 

 

妻とは別れるは常套句でしかない?

不倫を始めた当初はドキドキワクワクの楽しい関係が続きますが、不倫関係が長年続いてしまうと、彼への愛情がいくらつのっていったとしても、結局奥さんの元へ帰ってしまうことに不満が溜まってしまい、「奥さんとはいつ別れてくれるの?」と詰め寄ってしまいますが、色々な言葉で誤魔化されてしまうのが常です。

 

「妻とは必ず別れるから」

 

「子供がいるから別れられない」

 

「君の事は好きだけど、住宅ローンもあるしなかなか離婚できない」

 

「そう簡単に離婚ってきでないんだよ」

 

「離婚にはお金がかかるから」

 

などと言っていたかと思うと、別れを切り出した途端、あの手この手で引きとめようとしてきます。

 

大抵の場合
「本当に好きなのは君だけだ」
「必ず君と一緒に暮らせるようにするから、しばらく待ってくれ」「もうしばらくしてから考えようよ」

 

など、別れたくないとすがったり、自分にホレているのは彼女の方だからと、わざと冷たく接するなどのパターンがありますが、口が上手い男性なら簡単に言いくるめられてしまい、ズルズルとお付き合いを続けることになります。

 

 

彼が離婚しない本心とは?

そもそも離婚しようと思っていないから

奥さんに多少の不満があるのかもしれませんが、家庭を壊してまで今の不倫相手であるアタナと添い遂げる気がないから、離婚しないというパターンです。

 

実際に相手の家庭生活を見ることはできませんので、不倫相手がいくら「妻とはもう夫婦関係がないんだ」「家庭崩壊寸前なんだよね」と言われてしまえば、好きな相手から言われた言葉だけに信じてしまいますが、内情ではアナタとの恋愛を楽しみながら、奥さんと子供と穏やかな家庭生活を営んでいるから、離婚する必要がないのです。

 

悲しいことですが、この手の男性は多いので、何でも真に受けないようにしましょう。

 

 

自分の都合に合わせてくれる女性が欲しいから

お子さんがいる家庭や、夫婦共働きでなかなか奥さんからも相手にされない場合、他の場所で自分の欲求を満たそうとします。

 

奥さんが自分の意志で自由にならないなら、自分の都合に合わせてくれる上、心と身体を満たしてくれるるあなたを手放したくないから、必死で引止めにかかるのかもしれません。

 

 

離婚にはお金がかかるから

離婚と簡単にいいますが、離婚をする場合には、共有財産や住宅ローンで建てた自宅のこと、子供がいる場合には親権や養育費の問題、不倫がバレてしまった場合には、不倫相手であるあなた自身が慰謝料請求されることになりますので、その事でもお金がかかってきます。

 

結婚よりも離婚の方が労力を使うといいますが、その労力がめんどくさくて離婚しないという方もいます。

 

 

おわりに

不倫の場合、残念ですが離婚してまで一緒に、というパターンは少ないですが、誠心誠意彼に尽くし、奥さんと添い遂げるくらいなら・・・と、あなたを選んでくれる可能性も多いにありますので、彼を夢中にさせる女性になっていきましょう。

不倫体験談