不倫相手、浮気相手の既婚者彼氏に奥さんより優先してもらう方法

 

 

不倫というものはお互いがその恋愛に対して割り切ったうえで成り立つ物です。

 

ですが、不倫するには彼への情があるからこそ成り立つ場合も多くあります。

 

そんな中、やがて彼に対して情から愛情に変わってしまった場合、彼には自分を選んでほしいという思いが出てくるのは自然な事です。そんな彼に対して奥さんより自分自身を選んでもらうための方法を紹介します。

 

 

相手の愚痴をしっかり聞いてあげる

不倫相手の彼が求めているのは、刺激的な身体の関係だけと割り切っている人もいるかもしれません。
ですが、不倫関係を続ける中で普段職場や家庭では言えない不満というものは誰もが抱えていると思います。

 

そういった普段は誰にも相談できない、言えることのできない不満を細かく聞いてあげる事が重要です。

 

この不満や愚痴を聞く行為は、あなたに対して愚痴を聞いてもらえる相手というはけ口として甘えられる存在になると同時に、彼が何に不満を持っているかを聞きだすのがとても重要になります。

 

 

不倫相手の彼の不満を埋めるための小さな気配りをしてあげる

不倫をしているなかで身体を求めあう刺激的な関係と同時に、愚痴や不満を聞いてくれる甘えられる存在としてから彼の心をつかむチャンスです。

 

まず、彼が不満に思っていることをさりげなくサポートすることから始めます。

 

例えば不倫相手の彼の不満が「妻が食事を手抜きするんだ」と聞いたのなら、時期や状況を見極めて手造り弁当を作るのはいかがでしょう。

 

「普段奥さんが食事作ってくれないみたいだし、たまにはしっかり栄養とらないよね」という言葉を添えて手造り弁当をあげれば、彼は自分をここまで気づかってくれる人なんだと不倫相手というだけでない感情であなたを見てくれるはずです。

 

このように彼に対する不満を少しずつフォローしていくのが大切です。

 

 

不倫相手として出過ぎた態度はとらず、あくまでも一歩引いた存在をアピール

彼の不満を埋めるためにさりげないフォローをしていくことで、彼からは奥さんと同じように特別な存在へと変わっていきます。

 

ですが、それはあくまでも不倫相手としてのポジションを守ることが重要です。
ちょっとしたフォロー程度なら問題ありませんが、あまりに出過ぎた態度というのは彼にうざがられてしまうものです。

 

あくまでも私は不倫相手だけど、彼をとても心配している、気にかけているということだけをアピールしてください。
そうすることで、彼は奥さんとあなたの存在価値を比べるはずです。

 

その比べる部分から少しでも奥さんよりよい部分をアピールできれいれば、自然と彼は奥さんより大切な女性はあなただと考えるようになるはずです。

 

 

おわりに

不倫という関係は最初にも書きましたが、お互い割り切った上で成り立つものです。
ですが、彼に対して奥さんより自分を選んでもらうという事は、最終的に今いる自分の夫と別れて不倫相手と一緒になるという事まで考えることが重要です。

 

ただ不倫相手の奥さんへの嫉妬心から、彼の気持ちを私に向かせたいというだけでは彼の気持ちをもてあそんでいるだけになります。
不倫相手の彼への気持ちが本当のものになったのなら、それなりに自分の夫に対する対応もしっかり考える事が重要です。

不倫体験談