この不倫の未来は幸せ?既婚者との恋、続けるべきか諦めるべきか。

不倫を続けていると、この状態がいつまで続くのかと将来が不安になることもあります。

 

不倫は決して道徳的に許されるものではないので、両親がある限りこのまま続けた方が良いのか、清算した方が良いのかと迷うこともあります。

 

どんな状態ならば続けた方が良く、どんな状態ならば諦めた方が良いのか、具体的な例を挙げていきましょう。

 

 

このまま不倫を続けた方が良い場合

彼が奥さんとうまくいっていない場合

彼が奥さんと明らかにうまくいっていなくて、あなたにいつも口をこぼす場合は、そのまま彼の不満を受け止めて上げることで略奪婚も可能かも知れません。

 

子供が中学生以上の場合なら尚更、手もかからないので奥さんも慰謝料さえ払って貰えば離婚してくれる可能性もあります。

 

 

あなたが満足している場合

あなたに彼氏がいるかまたは夫がいて、一時的に刺激が欲しいと思っているだけなら不倫のままでも構わないでしょう。
相手の男性も割り切り感が強ければ、あなたと別れても誰にも口外することなく、あっさりと他の女性を見つけるでしょう。
但しお互い秘密は絶対に守ることと、バレそうになったらすっぱり諦めることができるのが条件です。

 

 

不倫を諦めた方が良い場合

子供が小さい場合

あなたもしくは相手が既婚者で、子供が小さい場合には、不倫がバレた場合には色々と問題が発生します。
あなたに子供がいる場合、引き取るか、夫に親権を譲ることを考える必要があります。

 

略奪婚をした末に彼と再婚して子供ができた場合にあなたの子供とうまくいかなかったりすることもよくあるのです。
そして彼が既婚者の場合は、彼の奥さんがまず慰謝料及び養育費を請求してくるでしょう。

 

いずれにせよお金の問題、人間関係の問題がこじれる原因となるので、避けた方が良いケースです。

 

 

3年以上も不倫状態が続いている場合

彼が不倫状態のままあなたを3年以上も放っておく場合、あなたとの関係を真剣に考えていない可能性があります。

 

彼がいつか結婚してくれると待っていたところで全くそのつもりはなく、ある日転勤や転職であなたに別れを告げてくる可能性もあります。

 

長引く不倫関係は、一度きちんと見直した方が良いでしょう。

 

 

おわりに

不倫を続けるにしても諦めるにしても、それなりの覚悟がいるものです。
決断をしたらどのようなことになるのか、先の予測をしておくと良いでしょう。

 

まずはあなた自身の将来の見通しや希望について考えてみることから始めると、決断し易くなります。

不倫体験談