不倫や浮気が長続きしない理由とは?

不倫を長く続けるコツとしては、ばれないように配慮することが一番です。
さらに、不倫を続けていくうちにマンネリになってしまうことを避けるため、通常の恋愛と同様に新鮮さが常に必要です。

 

今回は、不倫を長く続ける方法について3つのパターン別に紹介します。

 

 

自分が未婚で相手が既婚の場合

まず、自分が未婚で相手が既婚の場合です。
この場合、自分が相手を飽きさせないことが最も大切なことになります。
不倫をする既婚者は移り気で、あまり一途ではない場合が多いものです。

 

そのため、通常の恋愛においてもそうですが、マンネリを防ぐ必要があるのです。

 

不倫の場合、デートの場所が限られるため、多くは自分の家やホテルで会うことになります。
部屋のレイアウトを変えてみたり、下着やメイクやネイル、趣味を変えてみる必要があります。

 

 

自分が既婚で相手が未婚の場合

 

次に、自分が既婚で相手が未婚の場合です。

 

この場合は、相手に不倫が無益だと思われると関係が終わってしまいます。
将来的に結婚を考えている場合はそれを伝えるべきですが、多くの男性はその気がないのにそのような嘘をつきます。

 

嘘をつかずに不倫を長続きさせるには、プレゼントを渡したり、旅行をするなどして、通常の恋人と同じように、楽しい時間を共有できる相手だと意識させる必要があります。

 

週末や年末などに会えない分、一週間ずらしてきちんと会う時間をつくったり、誕生日を祝うなど、相手に寂しい思いをさせないことも大切です。

 

 

自分が既婚で相手が既婚の場合

 

最後に、自分も相手も既婚の、いわゆるW不倫の場合です。

 

この場合、不倫を長く続けるためには周りにばれないように配慮する必要があります。

 

両方に家庭があるので、会える機会は少なく、連絡も頻繁にするとばれやすくなります。

 

連絡はフリーメールのみにし、こまめにログアウトするなどの配慮が必要です。
その代わり、たまに会ったときにはお互いに満足するように時間を過ごすと、関係が長く続きやすくなります。

 

 

おわりに

3パターン別に、それぞれ不倫を長く続ける方法について述べましたが、
共通するポイントとしては、周りにばれないようにすることです。

 

不倫は多くの場合未来がないものです。
それでも十数年と長期間に渡って不倫関係を持続するカップルもいるので、お互いに納得した上で、不倫という恋愛を楽しんでいるようです。

 

立場にもよりますが、特に未婚の女性が既婚男性と不倫関係にある場合、その不倫を長く続けることに本当にメリットがあるのかどうか、考えてから行動しましょう。

不倫体験談